★【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム★

1日20分、6週間で吃音(どもり)症を完全克服する方法

どもり症を治す方法について



このサイトは、どもり症を治す方法について、吃音(どもり)症に悩んでいる方にぜひ知っていただきたい情報を紹介しています。

本サイトどもり症を治す方法をご覧になっていただいているということは、あなた、あるいはあなたの身近な方が吃音(どもり)症に悩まれているのではないかと思います。

吃音(どもり)症は、非吃音者からすればなんでもないことかもしれませんが、本人にとっては大変な精神的苦痛を伴うものです。

この「どもり症を治す方法」が吃音(どもり)症の克服に絶対にお役に立てると考えています。


どもり症を治す方法:吃音(どもり)症治療法について紹介する理由



さて、まず、「どもり症を治す方法」について紹介する理由について少しお話ししたいと思います。


実は・・・

私も、ほんの少し前までは吃音(どもり)症に悩んでいたひとりでした。

覚えているのは小学校に入った頃からですが、それから十数年間、吃音(どもり)症にずっと悩まされ続けました。

「どもり症を治す方法」に関するいろんな情報を集めては、いくつも試してみたのは言うまでもありません。


吃音(どもり)症であることを知らない人からは、

「そんなに慌てずにもっとゆっくりしゃべったら・・・」とか
「もっと落ち着いて話しなさい」

などと、何度となく言われ、

吃音(どもり)症であることを知っている人には、

「気にしないで、楽な気持ちでしゃべればいいよ」とか、ある時には
「どもり(吃音)も君の個性だよ」

なんていう無責任な言葉をかけられました。


しかし、吃音(どもり)症の苦しみや悩みは、そうではない人に簡単に理解できるほど単純な問題ではありません。

どんなに落ち着いてゆっくり喋ろうとしても、喋る前に深呼吸をして楽な気持ちで話そうとしても、特定の言葉や最初の言葉がスムーズに言えない。

自己嫌悪に陥って、それが原因でどんどん喋るのが怖くなる悪循環。

その場から逃げ出してしまいたくなって、何度も一人で隠れて泣いていました。

死んでしまいたいと思ったひどい経験も一度や二度ではありませんでした。


「吃音(どもり)症ぐらいで、そんな大げさな」

なんて言わないでくださいね。

「自分は吃音(どもり)症なんです、って言えばわかってくれるよ」なんて、優等生的な慰め言葉もいりません。

そんな言葉より、この吃音(どもり)症を治してほしい!そう真剣に考えていました。

もちろん、自分でもネットやいろんなメディアでどもり症を治す方法について調べました。

そして、ある非常に効果的な吃音(どもり)克服法に巡り会い、あの底なし沼のような悩みから解放されたんです。

詳しくは後ほどお話ししますが、とにかく、その吃音(どもり)症克服法を同じ悩みを持つ少しでも多くの人に知っていただきたくて、この「どもり症を治す方法」で紹介することにしたんです。


どもり症を治す方法:吃音(どもり)の治療法とは・・・



現在、吃音(どもり)を克服するための方法としては、【発語気管トレーニング】、【SSRI薬】、【セラピー、催眠療法】などが知られています。

【発語気管トレーニング】は、簡単に言うと、横隔膜や口など身体の発語気管を鍛えるための様々なトレーニングを行うことにより吃音(どもり)症を治そうとする方法です。

しかし、どもり症を治す方法として劇的な効果があるものではなく、むしろ全く的はずれな治療法であると言えます。

【SSRI薬】は、飲むと脳の興奮や緊張が抑えられ、普段よりもどもらずにしゃべることができるという薬です。

しかし、この薬は本来、うつ病やパニック障害などの精神病の症状を抑えるために開発された薬です。

吃音(どもり)症にも効果があるようですが、継続服用が必要ですし、薬である以上副作用や依存症が非常に心配です。

【セラピー、催眠療法】は、セラピストや催眠療法士による専門的なカウンセリングによって、吃音(どもり)症を改善しようという方法です。

この方法はある程度効果的ですし、どもり症を治す考え方としては、ある意味私が紹介する吃音(どもり)症克服法に最も近いと言えるかもしれません。

しかし、セラピーや催眠療法は費用が高額になってしまうのが通常ですし、もっと問題なのは、吃音(どもり)症の本当の姿を知っているカウンセラーが非常に少ないということです。


実際に私は、これらのどもり症の治療法のうちSSRI以外の方法にチャレンジしました。

しかし、どちらの方法も私にとっては吃音(どもり)症の改善に効果があるどころか、苦痛でしかありませんでした。

これらの方法を始めるときには、これで吃音(どもり)症のつらい悩みから解放されるんだと思うのですが、高いお金と時間をかけているのだから絶対に治らないといけない、治るはずだという気持ちがプレッシャーにもなり、症状はむしろ悪化したように感じました。


どもり症を治す方法:吃音(どもり)症の原因



あなたは、吃音(どもり)の原因は何だと思いますか?

吃音(どもり)症について、身体原因説を提唱している専門家も多く、身体的な問題である部分も多少あるかもしれません。

でも、吃音者の方ならわかると思いますが、たとえば、人前でどうしても発することができなかった言葉が、一人になった途端なんのストレスもなく喋れるという不思議な性質が吃音(どもり)にはあります。

かといって、一人の時なら絶対にどもらないのかというと、「一人の時にはどもらない」ということを意識した途端に、一人のときでもどもってしまう。

また、ごく稀に例外はありますが、基本的に「歌」を歌ったり「お経」を読んだりするときはどもる事はありません。

こうしたことを考えると、吃音(どもり)症の原因は身体的な問題ではなく、精神的な部分にあると言えるでしょう。


どもり症を治す方法:吃音(どもり)症の克服法



さて、いろいろと遠回りをしましたが、私が、私と同じように吃音(どもり)症に悩み苦しんでいる方に、私が吃音(どもり)症を克服したある方法をぜひ紹介したいと思います。

その方法は、【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムという方法です。

プログラムの詳細は、こちらで確認していただくほうがよくわかると思いますが、簡単に言うと「テキストとビデオを見ながら、1日わずか20分、週に1回2時間程度の簡単な(しかし特別で有効な)エクササイズを、6週間、自宅で、リラックスした状態で、一人で、空いた時間に行う」という方法です。

本当は、もっと詳しくご紹介したいのですが、プログラムという情報である以上、中身を詳細に記述することははばかれますので、ぜひこちらで確認してください。


ひとつ確かに言えるのは、私はこの方法で吃音(どもり)症の悩みから解放されたということです。

これは、紛れもない事実なのです。

小学校に入った頃から、大学を卒業する頃までの十数年間、ある時は死にたいとさえ思うほどつらい目にあった吃音(どもり)を治すことができたのです。

いや、正確に言えば、治すことができたというのとは少し違うかもしれません。

その点も、このプログラムの核心的な部分ですので詳しくは述べられませんが、いずれにしろ、私がこのプログラムのおかげで、今は吃音(どもり)を気にすることなく、日常生活や会社勤めをできているというのは事実です。

どうして、もっと早くこの方法が紹介されていなかったのか。

この吃音(どもり)症克服法にもっと早く巡り会えていれば、無駄なお金を使うこともなかったし、何より、あんなにつらくイヤな思いに遭ったり、悩んだりせずにすんだのにと思うのです。

もし、これを読まれているあなたやあなたの身近な方が、吃音(どもり)症の悩みにに私と同じように苦しんでいるのなら、ぜひこのプログラムを試してみてください。

一人でも多くの吃音(どもり)症の方が、苦しみから解放されることを祈っています。



【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム


<--===解析===--> <--===解析ここまで===-->